RIZINバンタム級日本グランプリ 16人枠には誰が入る?

Uncategorized

2/12のRIZIN.27会見で開催が発表されたバンタム級日本グランプリ

榊原CEOは堀口恭司は非参戦で16人枠を想定しているとのことですが、誰がトーナメント枠に入るのか予想して行きます。

参戦済み選手 当確・当落ラインにいる選手は?

当確選手

朝倉海

扇久保博正

佐々木憂流迦

石渡伸太郎(怪我の状況次第)

元谷友貴

井上直樹

以上6人は実績を鑑みるに当確と言っても良いでしょう。

石渡の怪我の具合は分かりませんが、回復に向かっているそうなので5月?の大阪ラウンドに間に合えば。

RIZIN.27で予定されている祖根vs獅庵、田丸vs渡部の勝者は当確か。

当落ライン上

金太郎

瀧澤謙太

所英男

倉本一真

以上4名は16人枠ならトーナメント枠に入りそうな選手。

トーナメント入りは難しそう?

太田忍

中原太陽

山本アーセン

魚井フルスイング

加藤ケンジ

以上5選手は前戦に敗北している為トーナメント枠入りは難しいか。

RIZIN未参戦、長らく参戦していない選手は?

岡田遼

Gonkaku

修斗バンタム級世界王者

RIZIN参戦を期待されているが、同門の扇久保が参戦するなら参戦は無いか。

バンタム級RIZIN未参戦で最も期待されている選手。

安藤達也

本人Twitterヘッダー

修斗バンタム級環太平洋王者

未完の大器と呼ばれ続ける天才

昨年8月田丸匠を倒し環太平洋王座を戴冠、RIZINで見たい選手だがONE希望とインタビューで答えている為参戦は無さそう。

伊藤空也

本人Twitterヘッダー

GRACHANバンタム級王者

昨年9月に獅庵とのバンタム級王座決定戦を制し初戴冠。

タイトルマッチで勝利した獅庵がRIZIN.27に参戦するが、本人もRIZIN参戦を希望している模様。

田中路教

本人Twitterヘッダー

元UFCファイター

2017年のUFCリリース後は不運も重なり2試合しかMMAの試合を行えていない。

本人はUFC再参戦に執念を燃やしており、ケージの試合しか行わない意向の模様。

北米LFAと契約したが、コロナの影響もあり未だデビュー戦は行えず。

日本バンタム級最後の大物と言ってもいいがRIZIN参戦は無いだろう。

大塚隆史

rizinff

RIZINには2017年バンタム級トーナメントに出場しベスト4へと進出。

その後RIZIN参戦は無い。

昨年、長年慣れ親しんだDEEPを離れ修斗へと参戦。

環太平洋王者の安藤達也とノンタイトルで対戦し、アクシデントの様な形ではあるがTKO勝利

メジャー舞台への思いはあるらしく、RIZIN再参戦もあり得そう。

まとめ

今回はRIZINバンタム級日本グランプリに参戦する選手を予想してみました。

今回は日本人だけなのでどう言ったトーナメントになるのか?

今回のRIZINも大いに関係してくるので楽しみです!

今回はここまで!ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました