スーパーRIZIN続報!?9月RIZINどうなる!?

Uncategorized

本日8月13日に9月25日に行われるRIZIN9月大会の発表が行われました。

気になるのは先日のRIZIN.37の会見でも言われていた「スーパーRIZIN」なる謎の大会。

早速見ていきましょう!

大会名は「超RIZIN」

気になる大会名は「超RIZIN」とかいて「スーパーRIZIN」

2部制となり、1部が北米向けで15時ごろに朝倉未来vsメイウェザーが行われる予定とのこと。

1部は大体5試合程度で、さまざまな形態の試合を組むとのこと。

2部は9試合程度とのことです。

堀口恭司参戦!

そして発表されたのは堀口恭司のRIZIN参戦。

2021年大晦日の朝倉海戦以来のRIZIN出場。

相手は噂の扇久保博正・・・ではなく現在「RIZINらしい相手」を調整中とのこと。

対戦カードを発表

扇久保博正vsキム・スーチョル

扇久保は昨年大晦日以来の試合となる。

大晦日のグランプリ優勝後怪我もあり戦線を離脱していたが、ついに「日本最強」が2022年初試合を行う。

相手はROAD FCフェザー級王者キム・スーチョル

キム・スーチョルは現在30歳でROAD FCを主戦場とする韓国人ファイター

2012年にはONEに参戦し佐藤将光やケビン・ベリンゴン、レアンドロ・イッサらに勝利し、バンタム級王座を獲得。

その後ビビアーノ・フェルナンデスに敗れ王座陥落

2015年のRIZIN旗揚げに参戦しており、勝利している。

その後2017年突如として引退するも2019年にグラップリングで復帰

2020年にはMMA復帰を宣言

2021年9月の復帰戦ではフェザー級王座決定戦でパク・ヘジン敗れるも翌年5月に同じ相手にリベンジ。

ROAD FCフェザー級王座戴冠となった。

キムは久しぶりのバンタム級戦、扇久保は怪我明け後初試合。

どちらが主導権を握るのか。

配信はアベマ

今回の配信プラットフォームにABEMA TVが加わるとのこと。

最終的には4つほどのプラットフォームに縛られるとのことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました