最近の格闘技界で起こっている事

格闘技関連

最近更新が滞っています。

理由はモチベーションが上がらない。

RIZIN.27を所用で観戦できず、いまいち乗り切れませんでした。

バンタム級GPの組み合わせも発表されそろそろカードもでそれってくる頃でしょう。

特段見られているブログではありませんが、そろそろ本腰を入れて更新していきます!(気持ちはある)

最近の格闘技界で起こったことをざっくりと。

ストラッサー起一、スダリオ剛にダル絡みする。

元UFCファイターで、RIZIN参戦経験もあり現在Bellatorを主戦場とするストラッサー起一が現在話題に。

その理由はスダリオ剛への対戦要求。

ことの発端はスダリオ剛がRIZIN.27で起こした乱闘騒ぎ。

これにストラッサーが自身のyoutubeで苦言を呈しそこから何故か「闘ったら勝てる」という流れに。

そしてこれまた何故かストラッサーがTwitterでスダリオ剛に対戦要求。

これをスダリオがTwitterブロックで終戦という流れです。

はっきり言って階級が2つも3つも下の選手とスダリオ剛が闘うメリットはないのでこれが実現してもファンは喜ばないですよねぇ。

クレベル、朝倉未来と斎藤裕を煽る。

4/6RIZINが「RIZIN CONFESSIONS #69」を更新。

その中で摩嶋vsクレベルが特集され勝利したクレベルコイケが「ベルトが獲りたい。(王者の)斎藤裕とやりたい。でも彼は逃げている」とそして朝倉未来も引き合いにだし「2人と試合すれば勝てる。でも2人ともyoutubeばっかり」と煽りました。

これにRIZIN初代フェザー級王者斎藤裕が

と反応。

秋にフェザー級GPが控えているため、それまでの激突は無さそうですがフェザー級戦線が活気付いて参りました。

まさかのDJ敗北

4/8ONE Championshipの北米ゴールデンタイム進出第一弾「ONE on TNT I」が開催されました。

エディ・アルバレスまさかの反則負けもあったこの大会。

メインイベントは現フライ級王者アドリアーノ・モラエスvs”挑戦者”フライ級グランプリ覇者デメトリアス・ジョンソンのフライタイトルマッチ。

DJの圧倒的有利が囁かれていたものの、蓋を開けてみればモラエスが2Rにアッパーでダウンを奪ったところをグラウンドの膝からパウンド連打でKO勝利。

この勝利をモラエスと同門の堀口恭司もTwitterで祝福。

ですが堀口といえばUFC時代タイトルマッチでDJに敗れ、その後も「今ならDJに勝てる」などと意識はしている模様。

仲間とはいえ他人に敗れたDJをどう見ているんでしょうか?

まとめ

最近の格闘技界で起こっている事をざっくり描いてみました。

最近更新が滞っているのでなんとかモチベーションを上げます!

5月のRIZINまでには!

今回はここまで!ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました